2019年の冬、北海道旭川市の1歳6ヶ月健診に行ってきました!

正確には「1歳6か月児健康診査」のようですね。

その頃の息子は言葉もちらほら出てきており、あまり心配はありませんでした。
が、他の方の1歳6ヶ月健診の様子を調べると、ちょっと過剰じゃないか?と思う事で発達相談案件になったりなど、少し不安が…

旭川を調べると、そこまで厳しい様子はなかったのですが、不安に思う親御さんに「こんな感じだったよ!」と健診の内容をご紹介できたらと思います!

あくまで個人的な体験談のため、参考程度にとどめておいていただければと思います。

Instagramに手書きで投稿したものの再編なので、イラストがちょっと無理矢理感…
見づらかったらごめんなさい。

受付開始

1歳6ヶ月健診が行われる場所は、市役所の向かいにある第2庁舎の3階。
確か、母子手帳をもらいに行った場所&4か月健診が行われた場所かと思います。

受付開始時間の13時から少し過ぎていたのですが、先に来ているご家族は10組程度。
健診待ちのご家族は5組もいなかったかと思います。

手指消毒を行い、健診案内に入っていた書類一式と母子手帳を渡し、受付完了。

おとなしく座っている子から、縦横無尽に駆け回る子、他の子に積極的に絡んでいく子などがおりました。
1歳半にもなると、性格の差がかなり出てきますね!

問診開始

保健師さんと思われる方から名前を呼ばれ、問診スタート。

あらかじめ書いてきた内容の確認

持ってきた車のおもちゃで遊ぶ息子

すごく優しそうな保健師さんで、息子に積極的に話しかけていました。
発達を見る意味合いもあるかもしれませんが!

事前に書いてきた問診票のようなものを見ながら、食事面の項目や育児に携わる人は誰か、今育児をしている人が抱えているストレスはどうか、などのお話をしたかと思います。

今育児をしていく中で、心配なことや不安なことはないか?というのも聞かれました。

検査っぽいこと

1歳6ヶ月健診の中で一番不安に思っていた「検査っぽいこと」、さっそく来ました~!

「言葉の理解の確認?」

犬、車…あと…なんだっけ…りんごかバナナとか?
すみません、おぼえてまs

イラストが6個くらい書かれた1枚の紙を、息子に見せます。

「〇〇はどこかな?」と問いかけた事に対して、息子が指さしをします。

慎重派。

真剣な場だとわかったのか、息子はすさまじく慎重な動きで…
ゆっく~りと、確実に指をさしていました(笑)

他にも、幼児向け雑誌のめ〇え的なもの出して、息子の反応を見ていました。

食いつく食いつく。

アンパ〇マンもわ〇わんもうー〇んも知っている息子は、大喜び。

そして一通りの内容が終わると、親御さん向けに情報が載った紙を渡してくれます。

その時も「これ、パパとママにどうぞしてね」と言って息子に渡し、こっそりと言葉の理解のチェックが行われていました(笑)

家ではお父さん・お母さん呼びなので、最初は混乱していましたが、説明すると理解した様子。

私の膝の上に乗っていた息子は、まず父のこうじ氏に紙を渡します。
そして私に渡すとき…

ノールック!

後ろにポイっとする感じで、ノールックで渡してきました(笑)

そんな感じで、問診は無事終了。
最後に息子は幼児向け雑誌を持ち帰ろうとしてました(笑)

そして大部屋の待合へ移動。

待合での様子

歯科検診~小児科診察までは、ゴザが敷いてある広い待合で待機します。
ゴザスペースに測定の場所があり、その少し奥に歯科と小児科の診察室があります。

ゴザの上には、メ〇ちゃん系のお世話お人形や知育玩具、車のおもちゃ、幼児向け雑誌などがありました。
これで子どもたちも退屈しないね!

息子は、車のおもちゃで遊んだあとはメ〇ちゃんで遊びだしました。
もしかすると初めてかな?

持ち方がシュール。

頭をわしづかみにし、トイレに座らせる息子。

ゴザにあったメ〇ちゃんは、大体おパンツが脱げておりました。
上の服より脱がしやすそうだし、きっとみんな脱がしたがるのね。

入れると思っているのだろうか。

そして、紙のおうちに入ろうとする息子。
入れないよ!
君は大きすぎるよ!!

とてとてとて。

待合の様子を見てみると、男児が多かったイメージでした。
そして、ロンパースタイプの下着の子も多いんですね!
セパレートと半々くらいでした。

次回、各診察編!

次回は歯科検診、小児科健診のご紹介です!
少々お待ちくださいませ~