1日目その2 かなこSIDE

※2020年7月時点での内容になります。

この記事の内容

お風呂あがりは寛ぎスペースがたくさん

お風呂から上がると、こうじ氏が湯上りラウンジでお仕事をしておりました。
瓶のコーヒー牛乳を飲んでおりました。

快適なノマドワークスペース?コワーキングスペース?のようです。

この辺はこうじSIDEにて詳しく書きますので、少々お待ちを。

ハンモックで休んでるおじさまがいたり、アウトドアっぽいコーナにいる親子がいたり。

息子くんは秘密基地のような、高い位置にある箱型のお部屋(ツリーハウス?)に興味津々。
梯子で登るのですが、2歳児には危ない危ない…

後ろからガッツリ付きながら、登るのを見守ります。

ツリーハウスに到着!

中は小さなライトがあり、ほんのり薄暗い感じ。
クッションもあるので、他の人を気にしないで寛ぎたい方には良いのかも。

と、息子くんはすぐに梯子を降りたがりました。
降りるのはさすがに一人じゃ無理…!
というわけで、抱っこで降ろしました。

眠いのもあってか、なかなかいうことを聞かなくなってきた息子くん。

温泉に入る前に気になっていた「キッズランド」に行くことにしました。

油谷体育館ある「キッズランド」へ

温泉からさらに奥に行く道を進んで、ドアを開けると体育館への道に出ます。

キッズランド、下情報なしで行ったのですが…
かなり広くて内容も充実していました!

感動していたら、管理人さんに声をかけられてびっくりしました(笑)
消毒をして、利用開始。

小さいお子さんでも遊べそうなゆるやかな滑り台や、ボールプール、大きなぬいぐるみや絵本、お絵かきセットやちょっとしたおもちゃなどなどあるので、長い時間遊べそうです。

息子は滑り台下の暗い空間へ「とんねる!」と言いながら嬉しそうに入って行きました。

あとは滑り台をすべったり、ぬいぐるみに乗って遊んだり、おもちゃで遊んだり楽しんでました。

そしてチェックイン時間になったので、キッズランドから去ります。

が、イヤイヤ期真っ只中の息子。
もちろんすんなり行くわけがありません(笑)

転がったりしたあと、何とか納得させてフロントへ行きました。

ホテルのお部屋へ

そしてチェックイン。

今回予約したのは、和室10畳。
リーズナブルな8畳もあったのですが、子連れだと少し広めな方が良いかな…と思い10畳を選びました。

お部屋は1階。

1Fのため芦別名物の星空は見えませんが、温泉や売店、カフェへのアクセスが良いので、子連れや高齢者連れには便利だと思います。

鍵タイプのドアを開けて中に入ります。

年期は若干感じますが、キレイで清潔なお部屋でした!

お部屋は畳の良い匂いがしておりました。

お風呂は無しですが、大浴場が近いので全く問題なかったです。

洗面台もしっかりした大きいものがあり、ドライヤーもあります。

そしてまたアメニティがDHC。嬉しいですね。

部屋には大人用の作務衣があります。
温泉にきたらこれですよね〜。
浴衣より好きです。はだけないし。
子どもが下から侵入してくることもないし。

そして嬉しいのが…
豆のままのコーヒー!!!!!

ミルもしっかりあります。

翌日にいただきましたが、味がしっかりしていて程よい酸味があり、渋みが少なく、飲みやすい美味しいコーヒーでございました。

(こういう時にウンチク語れる人間になりたい)

4杯分くらいの豆があるのかな?
2杯分だけ使って、あとは宿に忘れてしまいました…
もったいないことをしました。

息子、普段と違う場所で大興奮。
とりあえず布団で転げ回ります。

息子、普段と違う場所で大興奮。
とりあえず布団で転げ回ります。

あとはコーヒー用のスプーンで遊び出したり(よくない)受話器で「もしもし、いま、だいじょぶ?」など遊び出していました(よくない)。

ですが、お部屋自体には壺や掛け軸などはなく。

トイレに行くのにも段差がないので安心でした。

宿泊者専用ラウンジへ

フロントの隣の隣あたり、売店の隣、エレベーターの裏には「宿泊者専用ラウンジ」なるものがあります。

行ってみると、ちょっとしたお菓子と〜…

温泉まんじう!!!!!!!

マンジウ!饅頭!まんじゅう!
…と興奮したのですが、食べ忘れました。

他にもコーヒーや、ミルク(子連れに嬉しい)なども好きに飲めます。

嬉しい!選べるアメニティ5個

部屋に歯ブラシはあるし、メイク落としや洗顔、化粧水もあるのでこれだけでほぼ満たされるのですが…

何と、アメニティバー的なものが宿泊者専用ラウンジにあるのです!

シャワーキャップ、各種基礎化粧品はもちろん、男性用化粧品、ヘアマスク、ボディタオルなんかもあります。

そして、子ども用歯ブラシも。

そしてそして…

ここが、ミキハウス公認の「ウェルカムベビーのお宿」の本領発揮です!

サイズごとに分かれた選べるおむつ!
おむつペール!
補助便座!
足台!
おしり拭き!

他には…

授乳クッション!
ベビーバス!
バンボ!
コットまで!

数量は限られますが、感動するようなラインナップでした。

これなら赤ちゃん連れでも安心ですね!

そして、子ども用の作務衣もこちらでお借りすることができます。

息子でギリギリ上だけ着れるサイズ感かな?

ちなみに、ホテルの方達は女性を中心に、帰りに見送りをしてくれるおじさまなど、小さい子に優しい方が多かったです。
ウェルカムベビーの宿、素晴らしい!

強制ねんね

そうこうしているうちに、時間は16時近くに。

ここまで車内で30分しか寝てない息子くん。
このままでは、ディナーの時にぐずる…死活問題…!!

というわけで、カーテンをして寝ながら抱っこして半強制ねんね。

最初は暴れたものの、眠さもあったようでぐっすり寝入りました。
1時間ほど寝たので、とりあえずグズらないレベルまでは寝かせました。

そして夕食の時間になったので、息子を起こして空のカフェ(レストラン)へ向かいます。