Instagramにて更新していた難ありパイ記事、Blogにも掲載していきます!

この記事の内容

授乳方法編

産後レポを読んでくださった方はわかるかと思いますが、授乳しづらいおっぱい=難ありパイでございました。

自分が困っていたときに収集した情報と自分の感想を踏まえた超個人的な内容です。
医療的な根拠などは全くないものですが、参考程度に良ければご覧くださいませ~。

※母乳育児を推進する内容ではないです。ミルクでも母乳でも、母親のストレスが少ないのが母子ともに一番だと思っています。
難ありパイ記事は、母乳で育てたいけど困っているお母さんたちの助けになればと思って書いております。

以下、Instagramで載せていた内容です。

Instagram投稿より

授乳方法編です!

駆け足すぎてわかりづらいかもしれないです…。
出産した産科の部屋にファイルがおいてあり、それに授乳方法のイラストが載ってたりしました。

後は難ありパイのため、周りの人よりも授乳室に通った回数も多かったのでその時に聞いたアドバイスも書いています。

他は検索魔になりまくった、ネットの情報。
以前の難ありパイの話の時にも書いたのですが「ちょっと理系な育児」さんは基準が明確で安心して見ることが出来ました。
最終的に一番参考にしたかな、と思っています。
今は改めて離乳食(補完食)の項目を勉強中…。

扁平だけどマッサージをしっかりしてたり元々柔らかなおっぱいだった場合は、きっと軌道に乗りやすいんだろうな~と思います。
私はガッチンガッチンになってしまっていたので、伸びず短く…で深く咥えさせないとダメな状態でした。

いただいたコメントを見ていると、苦労されている方がたくさんいらっしゃいますね…( ;∀;) 私より傷が全然ひどいんじゃないか、という方も。
私はチビコーの力が強い、母乳が出なくて困ったのですが、飲む力がない、母乳が出てるのに飲まれなくて乳腺炎に、などなどお悩みもパイの分だけあるんだろうな~と思っております。
十人十パイですね。

次は、使った道具を紹介をしようかと考えております!
聞きたいのはこういうことじゃない、もっとこういうところ教えて!などあったら教えていただけたらと思います。
可能な部分は描いていけたらな~と…。

※難ありパイについては私の経験で書いている事なので、人によってやり方や経過が違うことがあるかと思います。
この人はこうだったんだな~と参考にしてもらえたらと思います!